無料占いプルモア » 女の子コラム »

ハーブのつぶやき Vol.8

こころ*よみもの

ハープのつぶやき touch for the organic

第8章 体を元気づけてくれる2つのハーブ。バジルとにんにく

バジルの香りは元気をくれます。
バジルの仲間は数多く、中にはシナモンの香りやレモンの香りのもの、濃い紫の葉を持つものもありますが、今回はスイートバジルのお話。

学名"Ocimum basileus"。このOcimumは「強く良い香りがする」basileusは「王様」を意味するギリシア語から生まれた言葉です。
太陽を好むハーブで、あたたかくなってから種をまくと(直撒きでも、プランターでも)簡単に育てられます。気軽にフレッシュバジルを手でつまめるようになると、夏の野菜―トマト、ナス、ズッキーニをとびきりのごちそうにしてくれます。
このバジル、育てるのはとても簡単なのに、保存しておくためにはすこし工夫が必要です。
今までお話したハーブ達とは違い、ただ乾燥させただけだと風味がずいぶんと落ちてしまうのです。
でも、くいしんぼうな人達はあきらめませんでした。むしろ、もっとおいしくする方法として、「ジェノバペースト」のレシピを考えてくれたのです。
新鮮なバジルとオリーブオイル、にんにく、塩と松の実をすりつぶすのが伝統のレシピですが、松の実の代わりにカシューナッツでつくるのもおすすめです。クセがなくて私は好きです。
このペースト、空気に触れるとすぐにいたんでしまうので、小さなビンに入れて保存していたのですが、去年の夏からは丈夫なビニール袋に平らにのばしてフリージングし、必要な分だけを折って使っています。とても便利です。

バジルと並ぶキッチンの香りの王様はにんにくです。
学名"Allium sativum"。「神様が作った、もっとも価値のあるハーブ」と讃えられています。
古代のエジプトでは、病気の予防と治療の両方で使用されていました。自然の抗生物質で、かつてソ連の陸軍が負傷兵の治療に使っていたので「ロシアのペニシリン」ともいわれていたそうです。


にんにくは、血圧を下げると同時に、血液のおそうじをしてくれます。
あの強烈な匂いは、アリシンという精油成分で、インフルエンザにも効くすばらしい抗菌作用があるんです。生のにんにくに多く含まれ、加熱すると甘みをもった成分に変わります。
ただ、生のにんにくを無理に食べると、胸やけがしてしまいますし、食べた後のニオイも気になりますよね。そんなときはひと工夫。たとえばショウガと一緒に料理されたものならそれ程胸やけをおこしませんし、パセリと一緒なら、パセリの消臭力でにおいもさほど気になりません。
りんごを食べるのも良いですね。りんごにも消臭力があり、生のりんごを四分の一切れ、にんにく料理をたべた後でたべると、臭わなくなります。
それではおいしく食べて、元気になるレシピを2つご紹介します。


バジルとトマトのツナのパスタ

バジルとトマトのツナのパスタ

↑バジルとガーリックの香る食卓

●材料(2人分)

  • バジルペースト 大さじ2杯
    又はフレッシュバジル1つかみとにんにく二分の一個
  • ツナ缶 1つ
  • トマト 中玉1個
  • スパゲッティ 160g
  • オリーブオイル、塩、こしょう 適量
  • ザク切りにしたトマト、油を切ったツナ、バジルペーストを小鍋であたため、トマトに火が通ったら塩、こしょうで味を整える。
  • ゆで時間に従ってゆでたパスタとからめる

バジルペーストがない時は、うす切りにしたにんにくをオリーブオイルで火(弱火)を通し、トマト、ツナ缶を加え、最後に手でちぎったバジルを加えてから、パスタにからめる。


にんにくのディップ

●材料

  • にんにく 2〜3個
  • アンチョビ 2枚分
  • マヨネーズ 大さじ4
  • パセリ(少し刻んで) 小さじ1
  • にんにくは皮をむいて、ラップでくるみ、3〜4分電子レンジで加熱する。
  • やわらかくなったらつぶして、きざんだアンチョビとマヨネーズ、パセリを和えてよくまぜる。

ゆでたジャガイモ、にんじんやキュウリのスティックサラダにつけて、そのままどうぞ!!面倒でなければ、にんにくはオリーブオイルでじっくり揚げたものを使ってみてください。さらにコクがでます。




ページの先頭にもどる



こころ*よみもの

村田理恵

村田理恵

ナードアロマテラピー協会認定 アロマインストラクター

1975年生まれ
長野県 戸隠村(現長野市 戸隠)の豊かな自然環境の中、幼少の頃から野草、山菜、薬草に親しむ。
エコールキュリネール国立 辻製菓専門カレッジ卒業。
1995年 「蓼科ハーバルノート」入社 レストランスタッフとして勤務。
恵み多く美しい蓼科の四季の中、『食』を通じて薬用植物ハーブの奥深い魅力に触れ、栽培、料理、暮らしに寄り添う使い方を萩尾エリ子氏より学ぶ。
現在、ハーブショップ「蓼科ハーバルノート シンプルズ」にてハーブ、アロマテラピーの魅力を訪れる方々に伝えている。


蓼科ハーバルノート シンプルズ
http://www.herbalnote.co.jp/


今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット