無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 05.18〜てんびん座 
ケア部位 腰・腎臓・膀胱 太陽星座 おうし座 

今夜はてんびん座の月ですね。
てんびん座が支配するカラダの部位は、腰・腎臓・膀胱。

この時期は新人さんの歓送迎会やコンパなど、お酒を飲む量がいつもよりも増えます。付き合いとしてはしょうがないものの、つい飲みすぎてツライ思いをすることもしばしば。そして健康診断で“お酒を控えてください”と言われたりすることも…。お酒はカロリーが高く、特に内臓脂肪がつきやすいのです。さらにお酒を飲むことで、食欲が増して、濃い味のつまみが欲しくなります。それが今話題の「メタボリックシンドローム」を進行させるのです。腰が痛いと思っていたら、内蔵が疲れていた…ということもなきにしもあらず。
というわけで今回は、内臓脂肪、腰痛の予防に効果的な「マリーチのポーズ」をご紹介します。

アーサナ

マリーチのポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「マリーチのポーズ」は、両脚を伸ばして座ります。

Step 2

右足を左足の付け根にのせ、左ひざを立て、足と体で右足を挟みます。

Step 3

左足をお尻にくっつくまで引き付けたら、両手を後ろで組みます。首を右に向け、しばらく呼吸を繰り返します。
Step 4 息を吸いながら、ゆっくり身体を戻します。 ※同様に反対側も行います。

腰痛の予防、軽減、全身の疲れを解消し、ウエストの引き締めに効果絶大! また、内臓を刺激するので、腎臓や肝臓を強くする働きもあります。便秘解消も。ねじり系のポーズは苦手な人が多いようですが、回数を重ねることによって、徐々に完成していくポーズです。春の夜長に、月を見ながらゆったりと、慌てずにやってみてくださいね。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット