無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 08.09〜やぎ座 
ケア部位 膝・皮膚・関節 太陽星座 しし座 

今夜はやぎ座の月ですね。
やぎ座が支配するカラダの部位は、膝・皮膚・関節。

少し昔は日焼けをした肌が魅力的に見えましたが、今は美白の時代。そして、日焼けによるデメリットが指摘されるようになりました。紫外線を浴びるということは、皮膚の老化を促します。シミやシワを作ったり、髪がパサつくなど良いことがありません。若さを保つためには、潤いのあるキレイな肌がカギとなります。露出が激しくなる夏は、顔や髪の毛だけではなく、手や足の皮膚にも影響を及ぼします。
体の細胞は一定のサイクルで生まれ変わっていますが、これが乱れると皮膚の様々なトラブルが発生します。紫外線もそのひとつなのです。垢のついた肌なんて女性としては格好悪いですよね。
今回は、皮膚のターンオーバーを促す「三日月のポーズ」をご紹介します。

アーサナ

三日月のポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「三日月のポーズ」は、正座で座り、右足を立て膝にします。手は膝の上におく。

Step 2

息を吐きながら上体を前に傾け、両手の平を床につけ、左足を後ろに引いて、膝と足の甲を床につけます。

Step 3

息を吸いながら上体を起こし、両手を頭上に回して合掌します。この状態でしばらく呼吸を続けます。
Step 4 息を吐きながら、元の状態に戻します。 ※同様に反対側も行います。

皮膚の新陳代謝を高め、太ももやふくらはぎを引き締めるポーズです。ウエストからヒップにかけてのラインをすっきりとさせます。バランス感覚が養われ、集中力もUP。片手足でバランスをとる際には、呼吸を意識して行いましょう。余分な力が抜けて、バランスが崩れにくくなりますよ。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット