無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 04.03〜しし座 
ケア部位 循環器・横隔膜・心臓・血液・髪の毛 太陽星座 おひつじ座 

今夜はしし座の月ですね。
しし座が支配するカラダの部位は、循環器・横隔膜・心臓・血液・髪の毛。

身体の内部の不調は、お肌に出ると言われていますが、その内臓の血液促進には、横隔膜の上下する動きが大きく関わっています。腹式呼吸が大事と言われる理由はつまり、強い腹圧をかける呼吸し、横隔膜を上下させること。それにはヨガがとても有効なのです。普段、何気なく呼吸をしているときは、とても浅い呼吸です。しかし深い呼吸を心がけることで、心身がリラックスし、心臓や内臓にもよい影響を与えます。
ヨガは、人間が持っている潜在能力を引き出してくれるとも言われています。そして、全身を逆転させる(逆さ運動によって、重力から開放させる)ことにより、効果的に循環器を刺激することができます。循環器系の機能が高まると、美肌効果が期待できますよ。
今回は、循環器系、心臓付近の血液促進に効果のある「アーチのポーズ」をご紹介します。

アーサナ

アーチのポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「アーチのポーズ」は、仰向けになり、両脚を立てひざにして腰幅に開きます。つま先は前方に向けます。両手を逆手にし、両腕を耳の横の床につけます。

Step 2

息を吸いながらゆっくりと腰を上げ、肩で体重を支えます。

Step 3

息を吐きながら手の平で床を押すように腕を伸ばし、腰を高く上げ、頭頂を床につけます。この状態でしばらく呼吸を続けます。
Step 4 息を吸いながら、ゆっくり身体を戻します。

後屈系(背中を反らせ、胸・肩を開くもの)の代表的なポーズです。全身のバックラインを整え、二の腕から肩にかけての引き締め効果が抜群です。
また、内臓の働きやホルモン系の機能を高め、自律神経のバランスも整えてくれます。ただし腰を痛めやすいポーズなので、腰に意識を集中し、手や脚、肩も使って、上体を持ち上げましょう。これがうまく続けるヒケツです。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット