無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 11.27〜おうし座 
ケア部位 顎・首・耳・歯・口・うなじ・甲状腺 太陽星座 いて座 

今夜はおうし座の月ですね。
おうし座が支配するカラダの部位は、顎・首・耳・歯・口・うなじ・甲状腺。

「読書の秋」という言葉がありますよね。毎年、秋になると聞く言葉であり、本屋に行ってみると大々的に宣伝をしています。そのような雰囲気に、「私もたまには読書でもしてみようかしら」なんて思ったり…。しかし、長時間同じような姿勢で本を読んでいると、首や肩がコリます。仕事でもそうです。1日中パソコンに向かって作業をしていると、そろそろ仕事を切り上げようという時間に、筋肉が固まっているように感じた経験がある人は、きっと沢山いることと思います。1ヶ所のコリは、様々な部分に悪影響を及ぼすのです。
今回は、首周りのコリをほぐす「後ろ合掌前屈のポーズ」をご紹介します。

アーサナ

後ろ合掌前屈のポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「後ろ合掌前屈のポーズ」は、立ち姿勢から両手を背中で合掌します。肩甲骨を後ろに引いて、胸を開きます。

Step 2

息を吸いながら、右足を後方に一歩下げます。後ろ足のかかとは床につけたままにします。左右の腰は正面に向けたままです。

Step 3

息を吐きながら、背筋を伸ばした状態で前屈します。両膝が曲がらないように注意します。その状態でしばらく呼吸を続けます。
Step 4 息を吸いながら上体を起こし、足を戻します。 ※同様に反対側も行います。

肩甲骨付近が硬い人には少しつらいポーズになりますが、ここの筋肉をほぐしておくと、肩や首のコリがなくなり、頭や目の痛みも緩和されます。そしてこのポーズは、フェイスラインを整え、小顔を作ってくれます。その場で簡単にできるポーズなので、是非トライしてみてくださいね。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット