無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 09.20〜みずがめ座 
ケア部位 膝下から足首まで 太陽星座 おとめ座 

今夜はみずがめ座の月ですね。
みずがめ座が支配するカラダの部位は、膝下から足首まで。

「ブーツが入らない!」と夕方に“ファスナー”と格闘していませんか? 毎年この時期になると考えてしまいます。足元のおしゃれって女性にとっては大切なこと。秋のパンプスも魅力的だけど、今年も必須アイテムとなる「ブーツ」を格好良く見せたいですよね。ヒールの高いものやショートブーツなど、バリエーションが豊富にそろっていますが、履きこなして颯爽と歩くためには、ふくらはぎや足首を引き締めて、格好良く演出したいもの。むくみや冷えは脚を太くさせる要因のひとつ。それを取り除いて、きれいな脚を見せつけましょう。
今回は、ふくらはぎと足首を引き締める「一本足のポーズ」をご紹介します。

アーサナ

一本足のポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「一本足のポーズ」は、両足を揃えて立ち、左手を腰に当てます。

Step 2

右膝を曲げて、その足先を右手で持ちます。

Step 3

息を吸いながら、右足を前に伸ばします。この時、軸足の膝は伸ばします。
Step 4 息を吐きながら右足を真横に開き、右上方に真っ直ぐ伸ばします。息を吸いながら左手を右手と同じ高さになるように上げ、呼吸を繰り返します。息を吐きながら、ゆっくりと手足を下ろします。 ※同様に反対側も行います。

平衡感覚と柔軟性が必要なポーズです。バランスを取ることでは、背骨のねじれを矯正、内臓機能を促進させる働きがあります。脚やヒップの引き締め効果はもちろん、集中力も増し、イライラした気分を落ち着かせてくれる作用も。足の裏に大地を感じながら、しっかりとポーズをキープできるように、がんばりましょう。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット