無料占いプルモア » 月と月星座TOP »

無料占い『今日の月星座とヨガのポーズ“ムーン・スタイル・ヨガ”』

Facebook Twitter

今日の月星座とヨガのポーズ“ ムーン・スタイル・ヨガ ”

今日の「月星座」に合わせたおすすめのヨガのポーズをお知らせします。

ウエストは「てんびん座」、膝や皮膚、関節は「やぎ座」など、それぞれの「月星座」は、カラダの各パーツを支配しており、その日の月星座にあわせた部位を運動やケアをすると、普段よりも効果が出やすいと言われています☆

継続はチカラなり…月星座の位置により2〜4日に一度変化するMoonStyleヨガプログラム。お月さまとともに毎晩、気長に続けてみませんか? 月星座と太陽星座が同じ時は、ケア部位に対するパワーを意識してみてくださいね。 新月と満月の日は、ヨガはお休みです。春夏秋冬・季節によっても、ヨガの内容が変わりますよ♪

月の状態 満ちゆく月  月星座 11.11〜やぎ座 
ケア部位 膝・皮膚・関節 太陽星座 さそり座 

今夜はやぎ座の月ですね。
やぎ座が支配するカラダの部位は、膝・皮膚・関節。

現代人は片足を軸にして、その足に体重を乗せてバランスと取るという動作が、意外とできない人が多いようです。食事や運動の関係もあるのですが、ひざ周りの筋肉が衰えていたり、バランス感覚が欠けているという原因も挙げられます。将来を考えると、少しでも強化しておきたい部分ですよね。脚の筋力がUPすることで、歩くという動作もしっかりし、もちろん流行のミニスカートを履いても、きれいな「脚」を人前に出すことができます。むくみもなくなり、ブーツも履きやすくなるでしょう。これからの必須アイテムですよ。
今回は、バランスのとれた筋力をつけ、ひざを強化する「T字のポーズ」をご紹介します。

アーサナ

T字のポーズ
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4
Step 1 Step 2 Step 3 Step 4

Step 1

「T字のポーズ」は、両足を揃えて立ち、腕を耳の横で絞り合掌します。

Step 2

右足を一歩踏み出し、息を吸いながら重心をかけます。

Step 3

息を吐きながら、ゆっくりと回転していきます。その時、指先足先を伸ばすように意識し、体が一本の棒になったようにイメージします。この状態でしばらく呼吸を続けます。
Step 4 息を吸いながらゆっくりと体の回転を戻し、後ろ足に揃えます。※同様に反対側も行います。

全身の引き締めにも効果があり、また脚の筋肉の強化につながります。つりあいのとれた身体を作り、バランス系を取るために集中力も養われますよ。簡単そうに見えますが、意外と難しいポーズです。ひざが笑ったり、伸びないかもしれませんが、根気よく続けることで徐々にできるようになっていきます。がんばってみてくださいね。

今日のおススメ

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット